代表的な3つの施術例

顎の美容整形に関しては、大きく分けて以下3種類の施術法が有り、皆さんが改善を希望される現状に対してベストマッチな方法を基盤に、医師の最終判断からの施術内容の決定からのカウンセリングの流れを踏む形となります。

まずは小さな顎、横から見た際に引っ込み過ぎた顎の矯正に際しては、顎に安全な物質を注入して皮膚内の体積を増量させる手法が採られるのが一般的です。注射による短時間での注入が可能で、身体面の負担も軽く、多くの方々が体験されています。但し定期的に注入を繰り返す必要が生じる、ケアを怠ると元に戻ってしまうなど、術後も十分な配慮が必要です。

次に半永久的に顎のラインを保ちたい場合、理想とするシェイプを描くパーツを骨と皮膚の間に挟み込む形成術が用いられます。こちらは外科施術となり、術後の患部保護など安静期間を要します。最後に顎が出過ぎている、長過ぎるなどの場合は、骨を削る外科手術からフェイスラインを整えます。全身麻酔を要する手術で入院期間を含め、十分な時間の確保が求められます。

信頼と実績で知られる美容整形外科の公式サイト上では、こうした具体的な施術内容をイラストと説明文で分かりやすく説明していますので、参照をお薦めします。複数のサイトの閲覧を通じ、より正しく深く理解しておくのがベターです。